仲良し四人組が大好きな繁の元で未来のナースを目指して日々奮闘中!!


by tamaizomo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

しみじみしみじみしみじみしみじみ

きのうで終末期実習が終わりました

みなさんおつかれちゃん

実習も残すところなんとなんとなんとなーんと



あとひとつ☆



思えばここまで長かった。。。

ゴールデンウィーク直後から始まり、

夏休みをはさんで今まで約半年乗り越えてきました

あまりの忙しさに、もうほんまにやめたいとか思ったけど

よくがんばった、自分

おもえば長い長い実習の開始を目前にして

ゴールデンウィークはゴールデンじゃなかったことを今でもよく覚えています

むしろダークやったわ!!

そんなへたれの私もこれまで休むこともなくがんばってまいりました

あとひとつ。。。

それは卒論実習

実習を展開し、それをまとめて研究発表します

後いっこがかなりの山場ですが気合で乗り切ります

これまで乗り越えてやってこれたんだからできないはずないっす

ねー!!みなさん!!がんばろね☆

好きな言葉は『気合い』です

さてさてここからは恒例の実習の学びです

マジメな話なので注意してください


火曜日に受け持ち患者さまが亡くなりました

先週の金曜日から非常にしんどい状態でした

でも一生懸命呼吸し生きようとしていました

たしかに亡くなられるのは寂しいことですし、残された人たちにとってつらいことです

でもそれだけじゃないことに気づきました

先週はとにかくつらくて気持ち的にしんどくて

自分には無理だと思っていました

でも週末いろいろ考えてみると

もっと違う方向にも目を向けることはできるのではないかと思いました

生きた証やその人の生きざまです

かかわった時期にはすでに患者さまの意識ははっきりしていないことも多くて

お話できなかったけど家族の方や看護師さんに聞いていくうちに

この人がどんな生き方をしてどんな風におもって生きてこられたかということを

少しずつですが感じ取ることができました

朝、病棟にいくと看護師長さんから、

今日はしんどいと思うけどがんばってね

といわれました

部屋に行くと一生懸命がんばっているかんじゃさま

顔と手を温かいタオルで拭いて

手を温めました

自分にはこんなことしかできないけど

死が近づいた患者さまだっていろんなニードがあります

毎日、顔をきれいにして気持ちいいと感じること

これはみんなが持つニードです

そんなお手伝いをしながらモニター観察したり

なんとか患者さまのしんどいと思うことを取り除いてあげたいと思いました

姿勢を整えて、安心できる環境を整えました

患者さまのかぞくとも話をして

家族のもつ複雑な気持ちを受け止めようと思いました

奥さんはとにかく悲しくてつらくて

患者さんによくがんばったって言ってあげないといけないというのは

わかっているけど、いまはできない

生きてほしいって思ってしまうのです

でもそれって自然なことですよね??

悪いことじゃない、あたりまえのこと

その考えを修正しようとしたりしてはいけません

そんな思いを持つ奥さんを理解して受け止めてあげるべきですよね

昼休憩を終えると心拍数は20~40になっていて

どくたーがモニターをじっと見つめていました

少し部屋に行ったけど家族の時間を持ってもらおうと思い、退室しました

そんな状況を見るのは頭ではわかっていたけどヤッパリつらくて

違うお部屋で先生と一緒に泣いた

でもかんじゃさまは十分がんばったので

それをみとめることも大事だなって思えました

先週はつらくて悲しいという気持ちが大きかったけど。。。

最期は安らかな眠りでした

しんどいことはなく、心拍数はすーっと消えていくようにとまり眠るように亡くなられました

「おいていかんといて」奥さんが言った言葉は忘れられません

その姿を見ることがつらかった

点滴とかマスクを全部はずして

患者さまにみんなで「おつかれさまでした」っていいました

そのあとちょっと部屋を出て家族でお別れしてもらって

死後のケアをしました

体を拭いて服を着替えてきれいにしてお化粧もしました

まだ温かかったし亡くなられたたということは実感できなかったけど

でもこの人はがんばった

悲しい気持ちはあったけどそれだけではなかったです

本当に心からお疲れ様でしたっておもえました

奥さんもだんだんと

「しんどそうな顔してないしよかった」「きれいなお顔になって」

というように発言も変わってきて少しずつではあるけれど

受け入れることができ始めてるんかなとおもいました

それからお見送りしました

この患者さまとかかわることができたのは1週間くらいだったけど

人生の最期の場面に立ち合わせていただいて感謝しています

つらいことも多かったけど自分の看護に対する思いや死生観をさらに深く、いい意味に変えてくれるものでした

すこし死や看護について自分自身の考えをまとめることができました

これまではこの実習は本当にこわくて避けたい気持ちもあったし

つらいんやろな病むんやろなって思ってました

でもいい実習になりました

死を少しずつですが肯定的に捉えることができるようになりました

なんか終末期にかかわるのもいいなって思いました

人生の最後のワンシーンにかかわることは

すごく重大な仕事で責任感も大きくてしんどいかもしれないけど

だけどその人からいっぱい学んで自分自身を成長させることができるんではないかとおもいます



こんな感じです

最近はいい実習できてます、幸せです

自分が去年よりも人間的に成長できているのではないかと思います

後もうひとつがんばります☆

そんでもってきのうは打ち上げした

酒なしでもめっちゃもりあがったーーー

えくぼっていうところは料理おいしかったょ

なきぼくろとかわしばなの系列ね!!

んですたばで語り合い

学生生活があと少ししかないのとクリスマスまであと少ししかないことにあせりと悲しみを感じてました、あはは

はるは卒業旅行とかぜったいむっちゃあそぼうねーーー

たぶんこれから卒論、国家試験、卒業、就職とめまぐるしく過ぎていくんやろうけど

看護の友達も地元の友達も就職しても仲良くしてね、あそんでねー

んで病んでたら癒してね!!

帰りの電車で卒業した後のこと考えると涙が出そうだったぜ!!!

でも一人電車の中で泣くとか明らかきもい人やから

こらえたぜ、ナイスファイ!!

んで家帰ったら爆睡!!!

寝れるって幸せーーーーーー



                       おわり
[PR]
by tamaizomo | 2006-11-18 20:50 | Mのぼやき